納得できる賃貸を見つけるために

ブロードバンドは光配線方式を選びたい

賃貸物件を探す際には、不動産屋に勧められたまま数件の部屋を内見してすぐに決めてしまうのは勿体無いです。なぜなら、何となく妥協して決めてしまった賃貸物件では、済む間に不満が大きくなってしまうからです。スマートフォンやタブレットが普及して双方向通信が標準となりつつあるので、固定通信はwifi環境を用意するために必要となりました。
双方向通信を行なうために必要な上り回線速度は実測値で20Mbps以上は欲しい所です。光回線が主流となりましたが、光配線方式が採用されていなければ、部屋の中まで光ファイバー線が届かないのでケーブルテレビのように上り最大10Mbpsまでの縛りとなってしまうと、モバイル回線よりも遅くなってしまいます。納得して賃貸物件を借りるためには、光ハイブリッド方式を避けて光配線方式の部屋を探すと良いでしょう。

2年後のことを考えた賃貸物件選び

賃貸物件の契約を行う時に家賃と初期費用は気にしても、2年後に支払う更新料についてはあまり考えない人もいます。更新料と更新手数料を両方支払う必要がある物件も少なくありません。賃貸物件の契約を行なう際には、保証人を立てて契約すれば余計な費用が掛からないことはよく知られています。
しかし、賃貸物件を探す際にどの不動産屋でも紹介を受けられる流通物件を選んでしまうと、余計な手数料や保証会社との契約を強制されかねないので要注意です。大家が直接借り手を見つけるサイトが人気を博しているのは、不動産屋に支払う余計な手数料を無くせるからです。大家との直接契約ならば、細かいポイントまで確認出来ることと、交渉もしやすいのでもちろん保証人を立てれば保証会社との契約は不要となります。家賃の半月分以上は軽く浮く計算になります。仲介手数料が直接契約なら存在しませんから、更新料すら不要です。初期費用が1.5ヶ月分下げられて、更新時にも費用が安く済むならば、大家との直接契約を結ぶ方法を知っている人だけが得をするでしょう。

北見の賃貸では、閑静な住宅街に存在する物件や豊かな自然を身近に感じられる物件など、周辺環境が大変魅力的な物件が多数存在します。